株式会社NicoSmile

更年期ケア

妊活鍼灸メール相談

更年期ケア

いつも頑張ってるあなた、自分を大事にケアしてますか?

月経前、産褥期、更年期は女性ホルモン(エストロゲン)の急激な低下により、身体と心に様々な変化を起こします。
 
とくに更年期は閉経前5年から、閉経後の5年、合わせて10年間という長い間、卵巣機能低下により女性ホルモンのバランスが大きく変化し、病気ではないが、何だか身体の調子が悪い「未病」という状態になりやすいと言われてます。
 
頭痛、不眠、肩こり、腰痛、ホットフラッシュ、不安、イライラ、うつ、関節の痛みなど、症状や程度は人によって異なります。
 
女性ホルモン(エストロゲン)はライフサイクルの他、ストレスでも低下する事が分かっており、自律神経の交感神経が卵巣の血流を悪くして、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を減少させます。
 
女性ホルモン(エストロゲン)は皮膚のハリ、骨の強度、血管の柔軟性の維持に働く他、老年期のアルツハイマー型認知症の発症にも関わっており、今のうちからケアして行く事が大切です。
 
WHO(世界保健機関)は、鍼灸が
更年期、月経不順、冷え、不妊に有効であることを認めており、近年アジアだけではなく、全世界で注目されてます。
 
鍼灸は痛いイメージがありますが、当院では髪の毛くらいの細さの、使い捨て鍼(ディスポーザブル)を使用しており、馴れてくると気持ちよく、リラックスして寝てしまう方もいらっしゃいます。
 
当院では症状に合わせて、
鍼灸、マッサージ、ラジオ波、吸い玉(カッピング)をしていきます。
 
鍼灸は、自律神経を整え、血流を良くするのが得意です。
 
ラジオ波は、身体の深部から温め卵巣の血流を良くします。
 
 
吸い玉(カッピング)は、瘀血(血行不良)でカチカチになった身体の血流を良くしていきます。
 
 
体質や症状に合わせて治療していく事で、女性ホルモン(エストロゲン)の急激な減少を緩やかにしていきます。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。