交通事故豆知識②【事故現場ですること】 | 2017/07/22

こんにちは!スマイル鍼灸整骨院・たまご堂の永冨です。

今日も暑いですね~(^_^;)せみの鳴き声が院の中まで聴こえてきています。

当院では、交通事故のけが・むちうち治療で多くの患者様にご来院いただいています。

暑いなかご来院ありがとうございます。

今日のテーマは【交通事故に遭ったとき事故現場ですること】です。

★必ず警察を呼ぶこと

事故現場の実況見分をします。警察が到着するまでは、事故現場はできるだけそのままの状態にしておきます。道路のスリップ痕やタイヤ痕、車や人の位置関係、状況はどうだったかのか、など、写真に撮っておいたり、整理して把握しておくとよいと思います。

★目撃者は大切

もし事故の目撃者がいたら。警察の実況見分に立ち会ってもらえないか必ず頼んでみてください。第三者の客観的な証言は利害関係がないため、警察にとって信頼度が高いのです。目撃者に証言してもらえると、事故の状況がより鮮明、公正に分かります。

★被害者と加害者

交通事故に遭うと誰もが自分が被害者だと思いがちです。しかし、自動車損害賠償責任保険では過失の大小に関係なく、ケガがあるかないかで被害者または加害者の区別をします。双方にけががある場合、ともに被害者であり、加害者でもあるということになるのです。

★実況見分調書

人身事故となった場合、警察が現場検証をして作成するのが【実況見分調書】という書類です。どんな風に事故が起きたのか、当事者双方が事情聴取されます。感情的になってしまいがちですが、冷静に、自分の意見をしっかりと伝えるようにしましょう。もし自分がけがをして救急車で運ばれたときは、相手の立ち会いだけで実況見分調書が作られる場合もあります。双方の意見が異なって後日トラブルになりそうなときは、自分の立ち会いでの調書も作成してもらえるように、できるだけ早めに警察にお願いしましょう。

police_patocar_man

 

事故現場では、警察を呼び、現場を確認してもらうのが大切ですね

もし警察を呼ばなかったら…どうなるのでしょう?

次回書いていきます~!

 

交通事故のけが・むち打ちの治療は当院にお任せください(^^)

 

 

 

交通事故に関するあれこれの話① | 2017/07/12

こんにちは!スマイル鍼灸整骨院の永冨です。

当院には交通事故のけが・むちうちの治療で多くの患者様にご来院頂いています。

交通事故といっても、歩行中に車にぶつけられたり、車同士でぶつかってしまったり。その状況は様々です。

皆さんは、整骨院でも安心して交通事故のけがの治療ができること、ご存知ですか?

私は、スマイル鍼灸整骨院で働き始めるまで知りませんでした(^_^;)

けがの治療は病院で!というイメージしかなかったのです。

『人生で交通事故にあう人は、2人に1人」ともいわれています。他人事ではない数字ですよね。友人や家族の話を聞くたび、事故現場を通りかかって見かけるたび「怖いな」と改めて思います。自分がいくら気をつけていても遭うかもしれないのが事故です。

私自身、1度だけ交通事故の経験があります。数年前コンビニの駐車場で停車中、バックしてきた車にぶつけられました。私は運転席に座っていたのですが、急に『ドンッ』という大きな音と衝撃で車と体が揺れました。びっくりして車から降りると、自分の車の後方にミニバンがぶつかっていました。とりあえず、警察に電話をして、言われるがまま書類を書いて、その日は家に帰りました。その後、保険会社の方と何度かやりとりをした覚えがあります。ぶつけられたその時は身体が痛い!とかは特に感じなかったので、車の修理だけ、相手の方にしていただくこととなりました。数日後。何となく首がきつい。何だろう、気のせいかな、と病院も行かずに過ごしました。いま思えば、車のヘッドレストで後頭部をぶつけた影響があったのかもしれません。その時に医療機関に一度診てもらえばよかった、と後悔しました。

交通事故のけがは、後になって不調が出ることがあります。放っておくと、長引いたり、ずっと残ることもあります。早く、適切な治療を受けることが大切です。万が一、交通事故にあったとき「知らない」「分からない」で困らないために。誰に聞けばいいか分からない交通事故に関するアレコレを、このブログで書いていけたらいいなと思っています!!

交通事故のけが・むちうち治療はスマイル鍼灸整骨院へお任せください!

 

お問合せ|門司区スマイル鍼灸整骨院

スマイル鍼灸整骨院

北九州市門司区社ノ木1-17-10

0933728887

TOPへ戻る