風邪のセルフケア | 2016/11/29

スマイル整骨院 北九州不妊整体たまご堂 出口です。

一気に寒くなってきましたね。当院でも風邪を引いている方が増えてきました。

風邪って、風に邪って書くんですけれど、

東洋医学では、首の付け根にあるツボ 風門(ふうもん)から邪気(風邪)が入ると

風邪を引くと言われています。

確かに、首まわりが冷えると風邪を引きやすいですよね。

当院の鍼灸治療では、風邪をひくと風門にお灸をします。

咳が出る時は、風門の下の肺のツボ 肺兪(はいゆ)も一緒にお灸をします。

%e9%a2%a8%e9%96%80%e3%80%80fullsizerender

 

またセルフケアとしては、風門のツボの上にカイロなどを 置いて風門を

温めておくと風邪が治りやすく予防にもなります。

 

 

 

 

咳が止まらない時は、大根をおろして、大根の汁にはちみつを混ぜて飲むと効果的です。

 

大根は、

ビタミンCや、辛みの成分であるアクリ化合物を多く含み

喉の痛み、炎症を抑えてくれます。

 

はちみつは、

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ポリフェノール、ミネラルを含み

疲労回復や、優れた殺菌効果がある為、咳止めや痰をきる効果があり風邪の症状の改善が期待できます。

スマイル整骨院 たまご堂 ホームページはこちら

 

 

お問合せ|門司区スマイル鍼灸整骨院

スマイル鍼灸整骨院

北九州市門司区社ノ木1-17-10

0933728887

TOPへ戻る